安心して暮らせるマンスリーマンションの特徴

先進的な設備が充実した物件が多い

マンスリーマンションは、ホテルと賃貸住宅の中間のようなユニークな特徴を持ったマンションです。
名称からも分かる通り、マンスリーマンションは月単位の契約が可能な賃貸マンションです。通常の賃貸物件は2年契約が標準ですが、マンスリーマンションはあらかじめ短期間のみの入居を想定している人でも気軽に利用できます。もちろん、そのまま長期にわたって住み続けることも可能です。
こうした気軽さが人気となって、マンスリーマンションはますます普及が進んでいます。新規に開設される物件も増えており、設備面で最新の機能を持ったものも少なくありません。特に最近はセキュリティ面の充実が目立ち、「安心して暮らせる住まい」という観点からも注目度が高まっています。

万全のセキュリティ対策

近年になって市場に投入されるマンスリーマンションの多くは、玄関に電子錠を採用しています。
電子錠は、物理的なカギを使わずに暗証番号を入力することで解錠を行うシステムです。比較的短期間で入居者が代わることの多いマンスリーマンションにおいては錠交換の手間を省くことのできるこのシステムですが、カギの紛失などのリスクも無くせるため、非常に便利です。もちろん、暗証番号は入居者が交替するたびに再設定されます。
また、オンラインによるセキュリティシステムを導入しているマンスリーマンションも増えています。住戸内や共有部分などにセンサーを設置し、異常を感知するとただちに警備会社に通報されます。空き巣対策などに有効なほか、高齢者も利用しやすくなるとして好評を博しています。

マンスリーマンションを埼玉で契約する際に、家具や家電製品の充実度やインターネットの利用環境、防犯対策などを重視する人が多くいます。